デスク

【デスク】狭い自宅に在宅ワークスペースを作る方法

【デスク】狭い自宅にワークスペースを作る方法

在宅ワークが多くなっています。あなたの会社も在宅ワークを推奨しているのではないですか?

ところで、ワークスペースって何でしょう?

書斎?

書斎は、個別の部屋を指します。でも、ワークスペースは、リビングや、寝室のちょっとした空きスペースで作ることができます。

ところが、なんとかワークスペースを作って、いざ、自宅で仕事をし始めると意外と効率が悪いことに気が付きます。

これまで、自宅は、くつろぐ場所だったのです。

くつろいでいた場所で仕事をするのですから、不便なところがいっぱいでてきます。

今後、どれくらい続くのか予想がつかないのも不安ですよね。

ーーーーー

受験生用のデスクです。でも、在宅ワークでも活用できるのではないでしょうか?

まるで塾の自習室みたい【受験生が集中できるデスク】

在宅ワークの効率をUPしたい

王道は、作業用としてのワークデスクを購入すること。

書斎のようなスペースを作ることで、モチベーションも上がります。

おうちにいても、仕事モードに切り替えられるので、効率もグーンとUPします。

狭い自宅にワークスペースを作る方法

せっかく家に居るんだから、楽な姿勢でお仕事をしたい人は、ローテーブルに座椅子はいかがでしょう?

リラックスできていいでしょう?

書類等の収納家具も必要ですね。

思い切って、ダイニングキッチンをワークスペースにすることもアリです!

パソコンを使うのであれば、コンセントが近くにないといけません。

リビングのコンセントの近くで、家族の邪魔にならないようなスペースを確保できれば、ワークスペースの出来上がりです。

狭い方が落ち着く

ワークスペースは、あまり狭すぎても窮屈ですが、ほどほどに狭い方が人って落ち着くそうです。

家具と家具のすきまや、階段の空いたスペース、そんなところもワークスペースには絶好の場所です。

そして、出来るだけ物をごちゃごちゃ置かないこと。

物が散乱していると集中力が持続できません。

そしてパソコンデスク。

キーボードがスライドして、出てくるようになっています。

奥行きが45㎝と狭いので、ワークスペースにちょうど良いととても人気です。

狭い家にパーソナルスペースが欲しい【おうち時間を快適に】