最新情報

マスクの表裏の見分け方とつけかた!マナーを守って正しくつけましょう

こんにちは。あなたは、毎日つけているマスクに表裏があることはご存じでしょうか?

この記事では、マスクの表裏の見分け方とつけ方をご紹介します。

マスクのマナ―等についてもご紹介しますネ。

マスクには、表裏と上下も決まっています。

知っているけれどあまり気にされていない方も多いかもしれません。

マスクは正しい方法でつけるからこそ効果を発揮できるように作られています。

是非、この記事を参考にして、せっかく煩わしくてもマスクをしているのだから、効果的にマスクを利用しましょう。

マスクの役割


マスクには、新型コロナウィルスや、インフルエンザウィルスなどの予防。

そして、花粉やPM2.5対策にも使われています。

そんなマスクの役割は、下記の2つに分類されます。

1.細菌やウィルスの飛沫、そして花粉やPM2.5を吸い込まないようにする役割。

2.マスクをしている人がくしゃみや大声を出したときに、飛沫の拡散を抑える役目。

マスクには、ウィルス飛沫や花粉99%カットなどと書かれている高性能なマスクも多く出回っています。

せっかくフィルタ性能が高いマスクをつけていても表裏や、上下を間違ってつけているとその数値は著しく下がってしまいます。

正しくマスクをつけた場合の数値を最大限生かすために、これから、正しいマスクのつけ方をご紹介していきます。

 

マスクの上下


マスクには、鼻の部分にノーズフィッターと言われるワイヤーのようなものが入っているのがほとんどです。

ノーズフィッターがある方が自ずと上になります。

マスクの正しいつけ方

それでは、早速マスクの正しいつけ方を解説していきます。

最初は、プリーツ型のマスクを着けるときの方法です。

1:最初に手洗いをします。

清潔な手で、新しいマスクを用意します。

マスクの上下と表裏を確認しましょう。

耳掛けゴムの接着面がある方が肌に充る方です。

中には、接着面が外になっているマスクもあります。

その場合は、パッケージに書かれていますので、チェックして、守るようにして下さい。

プリーツの向きは、下向きです。

細菌やウィルスが上から下に落ちるように付けましょう。

2:ノーズフィッターを鼻の形に合わせる

3:ノーズフィッター部分をおさえて顔にフィットさせながら耳かけゴムを耳にかけます。

4:顔の大きさに合わせてプリーツを上下に広げましょう。

下は、あごの部分まで覆うように付けます。

出来るだけ顔全体にフィットさせて、マスクと顔の間に隙間ができないようにします。

鼻や頬の周り、そして、耳の部分がぴったり合っていないと、そこから細菌や新型コロナウィルス、花粉等が入り込んできます。

 

マスクの外し方

マスクを外すときは、耳のゴムを持ち、マスクの外側に触れないように顔に触れた側を外側にして折り畳み捨てましょう。

 

立体型マスクのつけ方

立体型マスクのつけ方も、プリーツ型マスクのつけ方と同じです。

上下と表裏をしっかり確認して、耳を先にかけ、鼻をしっかりとフィットさせ、あごや頬とマスクの間に隙間が出来ないように付けてください。

 

政府が推奨するマスクの着け方

マスクの正しい着け方については政府インターネットテレビにて、動画で紹介されています。

1.マスクを着ける前に、石鹸を使ってしっかりと手洗いをする

2.マスク上部のワイヤーを鼻の形に合わせ、鼻との隙間をふさぐ

3.ひもを耳にかけ、鼻の部分を片手でおさえながらあごを包むようにマスクを下まで伸ばし、顔にフィットさせる

引用:政府インターネットテレビ「マスクの正しい着け方

なぜ、政府までマスクのつけ方を伝えているのかと言うと、マスクのつけ方を間違うとマスクと顔の間に隙間ができます。

新型コロナウィルスの感染防止のためには、マスクを正しく症着し、ウィルスが隙間から入ってこないようにしなければならないからです。

マスクの効果を最大限発揮できるように、マスクのパッケージに書かれている商品説明をしっかりと読み、正しく着けるようにしましょう。

 

マスクとめがね

めがねをしている人は、マスクをすると自分の息でメガネが曇ることがあります。

対策法としては、曇り止めスプレーをシュッとするだけ!

是非お試しください。

 

マスクと口紅

マスクをしている女性の悩みは、口紅です。

マスクを外したときや、飲み物を飲む時!

ふとした瞬間に誰に見られているかわかりません。

アイメイクはばっちりなのに、口紅を付けていなかったら、アンバランスです。

マスクに着かない口紅や、リップが売られているので、ぜひお試しください。

わざわざ、専用のリップなんか買いたくないわ!と思われる方は、口紅やリップを塗った後に、ティッシュで油分を抑えるだけでも違いがあります。

ただ、外したマスクに口紅が付いているのは、ちょっと恥ずかしいですよね?

マスクに着かない口紅を私は、お勧めします。

 

マスクの表裏を間違った時のデメリット

万が一、マスクを裏返しで付けてしまった時は、このようなデメリットがあります。

最初に、マスクの種類から説明します。

マスクの種類


マスクの素材は、不織布(サージカル)とガーゼ、そして、N95と言われる防塵規格マスク(呼吸保護具)があります。

デューク大学のグループの研究発表では、N95/DS2マスクなど サージカルマスク(手術用)のマスクが一番優秀だと発表しています。

フィルターがあり不織布で作られていて3PLY(3枚重ね)が主流です。

使い捨てで鼻の部分にノーズクリップがあり気密性があります。

形状がジャバラ状で鼻から顎まで覆うことが可能です。

サージカルマスクは一般的にBFE、PFE 95%以上と言われています。

ガーゼや、布は、8割くらいの飛沫をキャッチ出来ていました。

出来れば、私たちは、サージカルマスクを利用したいと思いますので、サージカルマスクのプリーツの説明をしていきますネ。

 

マスクのプリーツの種類

プリーツが付いたマスクには、プリーツが上から下に向かって階段状になっている「階段式プリーツ」と、プリーツが中心から上下に向かって階段形状になっている「オメガ式プリーツ」があります。

このうち階段式プリーツのマスクは、表裏を逆につけるとプリーツが下から上に向かって階段状になります。

その結果、プリーツの隙間に空気中のウイルス飛沫や花粉がたまってしまいます。

 

マスクのマナー

マスクは正しく着けることが基本です。

たまに、あごまでずらしている人を見かけます。

あごにずらしたマスクをまた、元の位置に戻すとあごについていたウィルスを吸い込む可能性があります。

お子さんや、高齢者はマスクを嫌がる方も多いと聞いています。

そんな場合は、外出を控えたり、居室に消毒液を噴霧するなどして、ウィルスをシャットアウトすることが必要になってきます。

又は、ネックストラップを首から掛けることで、少しはウィルスがカットされるかもしれません。

マスクは、一度使用したら捨てるなり、洗うことが出来るマスクなら洗いましょう。

そして、外出先でマスクを一度外して、再び装着する時は、マスクの表と裏に消毒スプレーを噴霧しましょう。

マスクを外すときは、かならずゴムの部分を持ちます。

マスクの外側に触るとウィルスが付着している可能性があるので気をつけましょう。

新型コロナウィルス対策として、マスク以外にも、体温チェックや次亜塩素酸ナトリウム溶液の噴霧、手指消毒も並行して行うとより安心ですね。

 

マスク表裏の確認方法

マスクの表裏は、メーカーによって違います。

パッケージに書かれていますので、必ずチェックしてください。

もしも、パッケージに書かれていない場合の確認方法をお伝えします。

マスクの表裏チェック

マスクを見て、マスクにメーカー名が入っている場合は、表側です。

メーカー名が相手に読めるように表側になります。

イラストが描かれていたり、プリントされているマスクもイラストが表側になります。

プリーツの向きで表裏チェック

プリーツのむきで表裏を判断しましょう。

プリーツは、主にプリーツが上から下に向かって階段状になっている「階段式プリーツ」と、プリーツが中心から上下に向かって階段形状になっている「オメガ式プリーツ」があります。

階段式プリーツのマスクなら、プリーツが上から下に向かって階段状に見えるのが表側です。

オメガ式プリーツのマスクの場合は、プリーツが凸型に見え、広げた時に自然に中央がふくらんで張り出す面が表側です。

マスクの表裏の見分け方とつけ方最後に

今回は、マスクの表裏の見分け方とつけ方をご紹介しました。

折角、マスクを着けているのに、表裏を間違って着けたり上下を逆にしていたら、効果がなくなります。

【マスク通販】カラーが選べて柔らか!耳が痛くならないBEST3♡不織布在庫あります