節約

楽しい節約5つのコツ | コンビニには近寄らない

楽しい節約の5つのコツ

何のために節約するの?

楽しい節約の5つのコツ

私は、58歳の主婦です。

豊かな老後のために、今から貯金をしていこうと決めました。

そのためには、散らかり放題、要らないものだらけの自宅を片づけています。

そして、次にやることは、節約。

節約のコツを学ぼうと思います。

1つ目のコツ。コンビニ

コンビニって、パンを買いに行っただけなのに、なぜか、雑誌をみたり、スナック菓子、スイーツ、挙句の果てに、お弁当や、レジの近くのバナナまで欲しくなってきます。

実際、ついつい、買ってしまうことも。

大きな金額ではありません。

でも、積み重なると年間で数万円になる可能性もありますよね?

コンビニには、出来るだけ近づかないようにしようと決意しました。

2つ目のコツ。買い物に行くときの財布の中身

買い物に行くときは、必要な金額だけを財布に入れていく。

大金を入れて、買い物に行くと、気が大きくなってしまって、要らないものまで買ってしまう恐れがあります。

財布の中は、いつもきれいに整頓しておくのがコツ。

レシートや、名刺、ポイントカードなど、いっぱい詰め込んで、ふくれている財布は、みっともないです。

お札は、綺麗にそろえて入れると、今、いくら財布にあるのか、把握できます。

財布の中は、整理整頓を心掛けるようにします。

お金持ちの財布は、いつも整理整頓されているそうですよ。

3つ目のコツ。買い物に行かない日を多くする。

楽しい節約の5つのコツ

出来るだけ、買い物に行かないようにする。

特に、お腹が空いた状態で買い物に行くと、必ずと言っていいほど、要らないものまで買ってきてしまいます。

家にあるもので、メニューを考えること。

日本の伝統の食材。

切り干し大根や高野豆腐、麩、ひじき等の乾物を利用すると、献立のバリエーションが広がって、家族からも喜ばれますよネ。

節約の4大食材とは?

もやし

鶏肉

豆腐

たまご

この4つを、うまく使うと節約になります♪

4つ目のコツ。ランチはお弁当。

楽しい節約の5つのコツ

ランチは、出来るだけお弁当

もちろん、飲み物は、マグボトルやポットに入れて行けば、自販機で飲み物を買わずにすみます。

保存食や、常備菜を作っておけば大丈夫。

お弁当は、朝詰めるだけ。

たまには、サンドイッチもいいかも。

5つ目のコツ。節約ブログを書く。

楽しい節約の5つのコツ

ブログが無理なら、ツイッターでもOK!

もちろん、インスタでも。

ツイッターだったら、つぶやくだけだから簡単かも?

自分が今、どのような節約をしているのか書きだすだけでも、頭の中が整理されていきます。

夢中になって、節約、節約ってやっていると、ケチな人にだんだんなっていくような感覚に。

ケチと節約は、まったく違うものです。

節約は、楽しくやるもの。

節約していたら、知らぬ間にお金が貯まってきます。

節約とは、無駄なお金を使わないこと

必要なことには、お金を惜しまず、自己投資もしていくべきです。

日々の積み重ねで、時には、失敗することがあっても、節約を常に考えながら毎日を過ごせば、節約が身についてきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次は、こんな話題は、いかがでしょうか?↓↓

もしかして、私って浪費癖があるのかも。

浪費癖の実例をあげて説明します。

片付かない部屋の原因は衝動買い | 浪費癖の治し方

片づけてもリバウンドしてしまう原因と対策

片づけるためには捨てること | シンプルに暮らすために

片づけられない原因 | 物を捨てられない人の特徴5つ

片づけるとこんなにいいことが | 4つのメリット

楽しい節約5つのコツ | コンビニには近寄らない